嗜好性薬物の世界

依存症のなり方、脱し方

どういったことをすれば依存症になってしまうのか、そして依存症から抜け出すにはどうしたらいいのか、その両面から解説します。

逆に言えば、「依存症のなり方」に書かれている内容を避ければ、依存症になるリスクは低くなります。

依存症のなり方

覚醒剤の依存症は、薬物の血中濃度が、急激に上昇するような摂取方法ほど、なりやすいといわれています。例えば、内服、皮下注射、点滴静脈注射、皮膚吸収パッチなどの場合は血中濃度の上昇が緩やかですが、加熱吸煙(炙り)、燃焼吸煙、急速静脈注射の場合には一気に血中濃度が上昇するため、依存症の形成が早いようです。

依存症からの脱し方

さまざまな方法があります。

薬物以外の楽しみを見つける方法、薬物使用の原因となっているストレスを解決する方法、薬物摂取と同様の行動を行いながら実際には摂取しないことで、脳の記憶を上書きする方法などがあります。

アクセス数(全ページ合計) 921979

このウェブサイトは、携帯電話から閲覧すると見づらい場合があります。PCブラウザからであれば快適に閲覧できます。

しばらく前から、荒らしの大量データ送信攻撃のために、トップページと「みんなで作る用語集」のページが、本サイト管理人でも編集・削除ができない状態になっていました。また、皆さんのコメントも入力不能になっています。Toratorawikiサーバー管理者のサイトで対処要望を送っておりますが、1年間ほど待っても返答がないので、近いうちにサイトを移転する可能性があります。(この二つのページ以外はサイト管理者が編集可能なので、時々更新していきます) なお、2017年7月12日に「みんなで作る用語集」を外部サイトに移転しました。

このサイトでは、覚醒剤、麻薬、大麻、幻覚剤、エンタクトゲン(友愛剤)、興奮剤、合法(脱法)ハーブ、アロマなどの嗜好性の向精神薬の情報を掲載しています。このサイトについて

このサイトの情報には、最新の法規制が反映されていない箇所もありますので、ご注意ください。

メニュー

このサイトは著作権フリーです。みんなで作る用語集は誰でも編集可能なwikiになっています。

更新履歴

新着漫画

manga010

大きいサイズの画像と他の作品はこちら